日本データ・エントリ協会 HOME|JDEA:Japan Data Entry Association

概要

設立
1971年10月
会長
河野 純
(株式会社電算 代表取締役社長)
協会の活動
◎経営情報、業界情報の交換
◎各種調査、報告書作成
◎教育研修プログラムの作成、実施
◎エントリオペレータ技能認定試験の実施
沿革
昭和46年10月 「日本パンチセンター協会」として設立発足。初代会長・川口重信
昭和48年 「穿検孔料金資料」作成配布。
昭和50年 会長・西澤健就任。東京都情報産業健康保険組合設立にともない会員の加入を協会として推せん。
昭和51年 「労働基準に関する参考資料」作成。
昭和52年 「パンチセンターの実態調査」作成。
昭和53年 会長・大神正就任。
昭和55年 キーパンチャー技能認定制度実施。
昭和56年 創立10周年記念式典。
昭和58年 会長・河野健比古就任。米国DEMA(データエントリ・マネージメント・アソシエーション)との交流開始(第7回大会に初参加)。
昭和59年 研修セミナー、スーパーバイザー適性試験実施。「日本データ・エントリ協会」に改組。
昭和60年 (社)情報サービス産業協会へ団体加入。
平成元年 米国データ管理資格認定(CDM)の国内代行試験制度実施。
平成2年 創立20周年記念式典。
平成14年 会長・川口重信再任。
平成18年 会長・内藤藤樹就任。
平成23年3月1日 東京都中央区銀座に事務所移転
事務局長に岩城研介就任。
平成23年6月 会長・河野純就任。
平成24年8月 事務所移転。
平成28年4月 事務局長に山田慎一就任。

所在地

郵便番号
〒104-0061
住所
東京都中央区銀座8-14-14 銀座昭和通りビル
TEL
03-3572-7731
FAX
03-3572-0151
URL
http://www.jdea.gr.jp

銀座事務所地図

銀座事務所地図